sosokoko.old

過去の『sokosoko.com』の保管所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

職務質問

ただいま帰宅。

会社から帰ろうと
バイクをゴソゴソしてたら、
いきなり三人の警察官に囲まれました。

『ちょっといい?この辺に住んでるの?はい、免許だして』

やべー!駐禁か!
と思ったら、

『最近、この近所で車上荒らしがあってね、
これぐらいの時間になると手当たりしだい声かけてるの』

良かったー、切符切られないですみそうだ…
とりあえず、社員証も見せて近くで働いてることをアピール。

一人の警察官が私の免許を片手に
なにやら無線でゴニョゴニョ。

くそ寒いなか、待つこと5分。
特に問題なく解放。

別れ際に一人の警察官、

『ここ、ゴミ収集場所の隣だから持ってかれちゃうよ。ははっは。じゃ』

それ自体の不幸なんてない。
自ら不幸を思うから不幸になるのだ。
- アルツィバーシェフ -

スポンサーサイト
  1. 2005/01/31(月) 02:31:21|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

チキン!チキン!

インリン様のムチ攻撃がOKになったそうですね。

別に『ハッスル』の熱狂的ファンではないんですけど、
こういう見出しが紙面に出ると、思わずクリックしてしまいます。

つか、すげーこれ。

ハッスル オフィシャルウェブサイト

初めて見ましたよ。オフィシャルサイト。
トップページのボリュームがハンパないです。
そして、

「な、これがCoolだろ」的ページデザインと
「んなん知るかぃ!ボケェ!」的コンテンツバナーの応酬。

初心者向け『ハッスル・ビギナー』も熱いっす。
動画コンテンツやブログ(いまやお約束か!?)も用意され、
ファン参加型コンテンツやリアルイベントでのフォローなどなど。

かーなり、しっかりした作りになってます。

840円/月なら払ってしまうかも…
(しかも今なら4月30日まで無料)

エンターテイメントの課金サイトとしても
色々と見習いたいです。

M字開脚ビターン!

女の喜びは男のプライドを傷つけることである。
- バーナード・ショウ -

  1. 2005/01/30(日) 21:06:44|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

新年会

今日はうちの親父と新年会。
二人で品川の居酒屋で飲んでました。
(うちの親父は東京にプチ単身赴任中)

今の自分にとってはささやかな親孝行です。

ガキのころには話せなかった昔話をたくさんしました。
親父から巧みに話を引き出す自分の話術がうまくなったのか、
ボトルで頼んだ芋焼酎のせいなのか、
いままで聞けもしなかったストーリーをざっくざっく掘り出しました。

といってもアカの他人様にはどーでもいいことですが…

そのなかで両親のなれそめを一部抜粋(そして装飾←酔ってたので)

***

静岡県の片田舎。

高校時代からつきあってた二人は、
うちの親父の就職後、なぜか別れることとなります。

当時親父は工場で働いており、ある時工作機に引き込まれ
足に全治10ヶ月の大ケガを負いました。

当然その間仕事はできず、若かったうちの親父は
その有り余るバイタリティの行き場に頭を悩ませていたといいます。

その間、傍で励まし続けていたのが
別れたはずのうちのおかん(!!)

しばらくして無事退院。親父は現場に戻ることとなります。

おかんはさておき、
現場復帰したうちのおとんは、10ヶ月以上のブランクもあり、
そう簡単に仕事をもらえるわけではありません。

これに腐らなかった彼は
「じゃ~『情報』ってのが来そうだから、やってみっか~」
と勉強も兼ね、横浜へ単身異動。

しかしながら、当然周りに知り合いなどいるはずもなく
毎日孤独との戦い。

そこへちょくちょく顔出しにきたのがうちのおかん(!!)
ちょくちょくといっても横浜と静岡じゃ運賃500円で足りるはずありません。

名家のお嬢様(と母からは聞かされている)ならば
親の目も相当厳しかったに違いありません。

それでも来るか!愛する人のもとへ!

(だんだん恥ずかしくなってきました)

しかし、親父も素直じゃない。
多少の若さもあったのでしょうが、
おかんが工場の守衛室の横で、寒さ凍えるなか待っていても
同僚のからかいに照れくさり、そのまま帰ってしまう始末!

(そんなことしてたら俺産まれないじゃん!と心で突っ込み)

と、すったもんだを繰り返しつつ、
「こいつならなんとかうまくやっていけるかも」を悟った親父。
(ちなみにうちの親父の名前は「悟(さとる)」です)

無事にゴールイン!
1年半年後に素晴らしき第一子(私)を迎えたわけです。

***

なかなか普段の生活からは垣間みれないエピソードを
鳥肌と高揚の繰り返しのなか、じっと聞いていました。

こんな話、最後まで聞けるなんて
自分も大人になったなぁと芋ロックを静かに一気飲み。

その後、上機嫌な親父とホームで別れていきました。

ちょっと青臭い両親に思いを馳せてホロリです。

その健やかなるときも、
病めるときも、
喜びのときも、
悲しみのときも、
富めるときも、
貧しいときも、
これを愛し、
これを敬い、
これを慰め、
これを助け、
その命ある限り、
真心を尽くすことを誓いますか。
- 結婚式宣誓の問いかけ -


ちなみに、

親父はお袋の両親に挨拶にいった時、
白のダブルのスーツだったそうです。
  1. 2005/01/28(金) 23:28:02|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

第19回デジタルコンテンツグランプリ

今日は頭の頭痛が痛くてダウン。
前頭部の左半分が内側からデコピンされ続けてます。

さて、
「第19回デジタルコンテンツグランプリ」受賞作品が発表されました。

「サービス・システム創出部門」ではmixiなど、
「ヒットコンテンツ部門」ではドラクエ8や電車男などが受賞。

最近の自分も、

・電車男(ネット版)に泣かされ

・5年ぶりにゲームを復活(ドラクエ8)

・今更ながらmixi始める

なんてベタなことが多かったもので至極納得。

以前、飲み会で友人達に電車男を熱く語ったときはヲタがられました。
(同席していた彼女は冬ソナを熱く語っていたのですが)

書籍が出たときは「えー紙にしちゃうのー」という気分でしたが、

あるひとつの現象を商品化した着眼点や、物理的にも手続き的にも煩雑な作業を乗り越え、書籍化した関係者の努力は賞賛に値する。


と言われちゃ、そりゃそうだと。
そのうちmixiのコミュニティからもこういう出版物が多くでてきそうですね。

匿名ゆえのドラマチックはあり得ないかもしれませんが。

恋の悩みほど甘いものはなく、
恋の嘆きほど楽しいものはなく、
恋の苦しみほど嬉しいものはなく、
恋に苦しむほど幸福なことはない。
- アルント -

  1. 2005/01/27(木) 23:50:09|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

春ズボンに冬パンツ

今日のズボンはなんとなく春シーズン用。
で、ちょっと薄手です。

なので防寒対策にスパッツを着用。

さてさてトランクスでは相性が悪いので、
わざわざボクサートランクスにチェンジしました。

もともとフリーダムを好むトランクス派としては
ひさびさの束縛に少々戸惑い気味です。

見慣れない姿にちょっとドキドキ。
不動の我が子にちょっとモジモジ。

人間というものは、結局は消化器と生殖器から成り立っているのだ。
- グールモン -

  1. 2005/01/26(水) 23:37:23|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

Google Video

http://video.google.com/

Googleの検索対象が、とうとうTV番組画面と放送原稿まで広がりました。

同社は多数のTV番組の映像と完全な放送原稿をインデックス化しており、ユーザーはこのサービスを使ってTV番組を検索できる。フレーズを検索すると、それに一致する放送原稿の抜粋と、そのフレーズが使われた場面の画像が返されるとプロダクトマネジャーのジョン・ピスシテロ氏は説明する。


これで、番組内全てをストリーミング再生なんかやったら超便利ですね。ビデオ撮らなくていいし。無理か。

もしストリーミングなくても、

・ビデオサーバに、全放送番組ガンガン撮り貯め

・後から「Google Video」で検索

・ヒットした番組のコード叩けばすぐローカル再生

なんてこともできそうです。

VAIO-typeX ならDoVAIOに「Google Video」がデフォルトツールで入ってても面白いかもしれませんね。
  1. 2005/01/25(火) 23:44:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

とりあえず、

最近、深く考える時間を作ってないな。

と、反省中。

もうすぐ社会人として2年経ち、
頭より手を動かす毎日。

それはそれで、ものすごく勉強になるのですが、
もともと趣味が「考えること(妄想癖)」なので。

もっとイマジネーション!をエクスプローション!させなければ
モチベーション!がなくなりション!

ですね。
頭ゴネます。

男がどんな理屈を並べても、女の涙一滴にはかなわない。
- ボルテール -

  1. 2005/01/24(月) 23:33:06|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

サボる

『サボる』はフランス語の「サボタージュ(=木靴製造)」から来てるそうです。

サボ(=木靴)を作る職人の中に怠け者が多くいたそうで。
それをうけて「怠ける」意味で使われてるのですね。

このブログも3ヶ月サボってましたから、そろそろ復活したいと思います。
どうぞよろしくです。
  1. 2005/01/23(日) 13:01:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。