sosokoko.old

過去の『sokosoko.com』の保管所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Key Borad

img_040521.gif
SKB-SL02U


新しいキーボードを買っちゃいました!
早速これ使ってこのエントリー書いてます。

かなりいい感じです。

パソコン歴は5年ぐらいとそんなに長くないのですが、いままでずっとノートを使ってたんです。

ところが最近デスクトップを買いまして、どうもあのデスクトップ特有(てか、そっちのほうがスタンダードか)のカチャカチャがダメなんですよ。
タイプが下手なのか、まっすぐにキーを打ち込めない!
ついつい引っかかってしまうんですね。それでイライラしていたわけです。

その点、コイツ(今回購入したキーボード)は素敵です。
コンパクトでありながら特に使いにくいということもなく、いつもの3割増でキータイプです(本人調)。

ついでにPC変換機も買ったのでWinとMacの切り替えも同じキーボードのままチョチョイのチョイ!
いやー、今後の作業がはかどりそうですね。マジっす。

※メーカーサイトはフレームを使用していたのでリンク貼るのをやめました。
スポンサーサイト
  1. 2004/05/21(金) 00:12:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

"どうか、読んで下さい"

「ファルージャの目撃者より:どうか、読んで下さい」

無知(あるいは無視)すぎる自分を非常に恥ずかしく思います。

訳者の益岡さんに感謝いたします。

戦争が起っているという「事実」は知っています。
戦争で行われている「事実」は、果たしてどれだけ知っているのでしょうか?
「軍隊がイラク人を虐待した」というニュースの後に、「いや実は新聞社がねつ造した」というニュースが流れてきます。そして、この記事。
現在の4大メディア(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)では到底たどり着けない事実がここに記されています。

当分、日本はバカ(平和)をやっていることでしょう。
「未納問題」なんて重箱の隅をつつくことに無駄金をつぎ込むのはやめてくれ。
ま、それはおいといて...

自分にはデモを起こす意思も行動力もありませんが、
無知(無視)だけは控えようと思ってます。
  1. 2004/05/18(火) 23:05:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hara Museum Web

img_040517.gif

いわずと知れた、原美術館のウェブサイト。
「ダイナミック」かつ「上品」、この言葉につきます。

色もうまいですし、マウスオーバーの処理もシームレスで非常に軽快です。

コンテンツが多いのにナビゲーションが破綻していないところも関心させられる一方です。

仕事場のすぐ裏が原美術館なのですが、なかなか足を運ぶ機会がありません。
うーん、もったいない。

展示だけでなく、併設されているカフェもなかなか素晴しく、野外にアート作品も展示されているのでまさに「異空間」。
そういえば「ナマイキ」の作品も置いてありましたよ(ゴミとアートは紙一重)。
店員もモデル並みで、超イケメンのお兄さんにドキドキです。たとえ自分が男であったとしても!

入館料を払わないとカフェを利用できないのが残念。
あ、ひょっとしたら裏からはいれるのかも...

あんなとこでコーヒー啜りながら仕事したらはかどりますよ。多分。
  1. 2004/05/17(月) 22:08:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑学力

img_040516.gif
「雑学力 人より稼げるムダ知識の見つけ方」


今日、なにげに買った本です。
筆者は『大人のための勉強法』などで知られるビジネス界のカリスマ和田秀樹氏。

今後のビジネスに関する鋭い考察がわかりやすい言葉とユルいイラストで書かれています。

インターネット時代と言われる現代ですから、知識を得るチャンスはそこらじゅうに転がっているはずです。ところが、それをお金や力にできている人はあまりいません。高いインテリジェンスを持っている人たちがスペシャリスト幻想に踊らされていることもあって、雑学の重要性に気づいている人はまだまだ少ないのです。

ここでいう「スペシャリスト」の方に結構反感を買いそうな調子で文章が書かれているのですが、「ジェネラリスト」の役割については結構共感が持てました。
正直なところ、自分も学生の頃は「スペシャリスト」至上主義の授業雰囲気に多少なりとも反抗していたので。

「なんで専門を決めなきゃなんねぇんだよ!どんな畑でも面白いの作ってやるよ!」

たしかに「何でもできる」ことは「何にもできない」ことと感じる時はあります。
しかし、それはすごく狭い範囲での評価基準(飯を食ってくためだとか)であって、幅広い視点を持ち続けることはクリエーターとして死活問題でしょう。
うん、すばらしい。

ところで、インターネットも擬人化すれば「ジェネラリスト」的な性格を持っているわけです。
広く(しかも最新の)知識を持っていて、関連項目がリンクで繋がれている。でも、果たしてそれを使っている私たちは「ジェネラリスト」なのでしょうか?

正直、「インターネットのリンク」を「コンテクストのリンク」として認識していないのが現状です。アホみたいに口ポカーンさせて見ているほうが断然多いはずです。知識は集まったしてもそれは「雑学力」ではないのです。

「雑学力」=「幅広い知識」ではなくて「物事を繋げる力」でありたいですね。
  1. 2004/05/16(日) 01:33:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RAKU-GAKI.COM

img_040514.gif

作り込みと浮遊感とグラフィックセンスが素晴らしいサイト。
このたびWebのアカデミー賞とも呼ばれる「Webby Award」を受賞されたらしいです。
しかも日本人初となる快挙!

Webのアカデミー賞「Webby Award」を日本人が受賞

日本からWebby Awardを受賞したのは、デザイナーの西田幸司氏が開設している「RAKU-GAKI.COM(ラク-ガキ)」。パーソナルWebサイト部門のWebby Awardを受賞した。このサイトでは西田氏の見事なFlash作品の数々が掲載されている。

たしかに、誰も文句のつけようのない完成度と世界観は鳥肌が立ちます。日々泥臭い(?)仕事をしている身としては羨望と共に嫉妬までしてしまいます(もちろんいい意味で)。

この人たちが作るサイトは本当にWEBならではの表現を巧みに使い、それがイヤらしくないので多くの人に受け入れられるのでしょうね。

WEBならではということでひとつ...
このサイトは主に、空間的表現をもった「コラージュ」でグラフィックを作成し世界観を出しています。更にこのコラージュが徐々に出来上がっていくアニメーション(演出)を見ることができ、完成後もさりげないインタラクション埋め込んであります(これまた実に心地よい)。
つまり「三次元」の中に「時間軸」という「次元」を追加し、「四次元」が生成され、ユーザーの感覚を揺さぶるわけです。
これぞWEBグラフィックの「おいしいどこ取り」!

このような質の高いFlash作品を日本人が発信し、世界に認められることは非常に誇りに思います。

Flash自体がWEBの全てだということはありませんが、表現の手段としてここまで来ているのだなと、ひしひしと感じます。

うーん、ますますヘロヘロFlashなんか作っていられませんね!
  1. 2004/05/14(金) 02:35:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VAIO pocket

img_040512.gif

VAIOの夏モデルがでましたね。
今回はガラッとかわったので、結構びっくりです。
(てかコンセプトまで変わってるし...)

そんなかでも少し気になる(買いたいという意味ではないですが)商品がコレ。

要はiPodのVAIO版ですね。
ウけるかどうかは別として、UIに独自の工夫(苦心の跡)が見られます。

新感覚の操作感を実現するタッチパッド「G-sense(ジーセンス)」を搭載。パッド上で指をスライドさせて選択位置を移動し、プッシュして決定。液晶画面と指の動きが連動して直感的に操作できます。

早い話、ノートPCのトラックパッドにイボイボをつけたものなんですが、このイボイボと操作画面とうまく表現を連動されています。

タッチパネルにしなかった理由はコストや耐久性の問題等、いろいろあるでしょうが、UI的にみてもこの解答は結構いい感じがします。理由を二つ程。

・グリットのイボイボが明確に操作範囲を規定し、ユーザーは操作を習得しやすい。
・表示画面の過剰な情報を省くことができ、また表現の融通が付けやすい(インターフェースが破綻しにくい)。

iPodの後を追いかけないといけない製品ゆえに、このUIにたどりつくまで大変だったことでしょう。是非実際に手に取って操作してみたいです。

ただ商品そのものとしてはまだ弱い気が...
いやiPodが強すぎなんですよ多分。
  1. 2004/05/12(水) 12:02:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Fusion・Type XX

img_040510.gif

だんだん暖かくなってきましたね。
この時期になると、バイクに乗りたくなってきます。

学生のころは毎日乗ってたんですけど、社会人になったとたんに乗る機会がガクッと減りました。

一時期は長距離のツーリングもやってたんですが、今やもう半年以上もバイクを放置。ごめんね。

いや今年こそはバイク復帰を目指します。ついでに新しいのを買っちゃえと!捕らぬ狸のボーナスを当てにして!ゆるしてビラーゴ(250)!だって冬は完全休業しちゃうじゃないアナタ。

ってことで前から目をつけているのがこのバイク。
すみません、なんだかミーハーみたいで。でも街乗りするのにはすごく楽そうだしデザインは昔から好きなんです。

アメリカンからスクーターに変更ということで、家庭持ちのパパがワゴン買う気分と似てます。別に家庭は持ってませんが。

色はベージュなんか特にいいですね。コジャレぶってて素敵です。さっそくGooBike.comをチェックだ!タイプチョメチョメ!
  1. 2004/05/10(月) 01:01:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WEFAIL LOVERS

img_040509.gif

Flashムービーがサイトの主役になってます。
映像、質感、音楽、全てハイセンスすぎでアングリです。

パキパキなアニメがこの世界観を作り出していますが安っぽく適当につくってあるように見せて、かなり計算しつくされていますよ。シュールでクールなループ映像(韻踏みすぎ)にあわせてナイスな「OVER THE RAINBOW」のリミックス。仕事の紹介やメールフォームまでこのテンションで作り込みまくり!

メニューを選択するとムービーも表示する箇所まで巻き戻されるシームレスな作りは気分を萎えさせないです。

metaにkeywords入れすぎなのは気になりましたが、そんなのどーでもいいぐらい好きになってしまいます。
  1. 2004/05/09(日) 02:18:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

困ったときのベタ辞典

ほんと最近ブログを始めて、いろんなブログを見るようになったんですけど。

ツボりました。このブログ

相談は屋上の手すり、後ろに女子社員がバレーボール



【そうだんはおくじょうのてすり、うしろにじょししゃいんがばれーぼーる】(ドラマ編)



仲の良い同僚と、昼休みに恋愛の相談をするときの場所。お互い手すりによりかかりながら、それとなく会話は進む。



『用例』



まこと「最近、うまくいってないみたいだな。」

たけし「まあな。」

まこと「信じてあげなよ。由香里ちゃん、いいこだぜ。」

たけし「それはわかってるんだけどな。」

   (バレーボールが転がってくる)

まこと「うかうかしてると………。」

   (まこと、拾ってあげる)

OL1「すみませーん。」

OL2「ありがとうございまーす。」

まこと「由香里ちゃん。俺にとられちゃうぜ。」

たけし「え?」

まこと「ふ。(寂しそうに)冗談さ。」



(Posted by iro)


単発ではこの面白さは伝わりにくいかもしれませんが、ベタネタをたてつづけにみているとニヤリが止まらなくなってしまいます。現実ありえないけどだれしも共感できるネタ。ウチの会社は私服ですけど激しくわかる、このベタさ。一種のあこがれか?
投稿者のiroさん、用例うますぎ。OLの「せーん」とか「まーす」とか。ピンクの制服に白シャツがうかんできます。

トップでイトイさん(多分ほぼ日ダーリン)を意識してるのも納得。ぜひほぼ日でとりあげて本にしてもらいたいです。

sokosokoもこんな人を幸せにさせてくれるコンテンツを書ければいいなと思っております。たいしたエントリーもまだないので、TBするのも恐縮ですが。

ただひとつ、サファリだとレイアウトが崩れて文章が読めなくなる箇所があるのは残念です。
  1. 2004/05/09(日) 01:33:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

deepPlay

img_040508.gif

マウスオーバーの処理がうまいサイトです。
とても柔らかなリアクションで奥行も感じられるます。
背景画像の変化に合わせて、リード部分のBGも変わるところは非常にニクい演出。

ここがつくったBonfire Snowboardingのページも必見です。

なんでもそうだけど、特にこういうファッション系とかブランドイメージが第一ってときにFlashの威力が発揮されることが多い。ブラウザの境界を超えていくらでも意図した表現ができるからですかね。

しかしながら、WebにおけるFlashを履き違えているようなサイトも多々存在。中途半端系サイトにありがちな、いきなりトップから重いだけでたいしたモーションもしない(ロゴがボーンと出てくるだけとか)ムービーとか貼付けてあるとかなりゲンナリ。更にトップに来る度にそのムービーが再生されると嫌悪感すら覚えます。

ええ、正直スプラッシュは制作側のオ○ニーなんすよ。頻繁に新しいものを見せるならともかく、最初にできたものを永遠使い続けるなんて切なさ倍増。スプラッシュ見て喜ぶユーザーなんて5年前に絶滅してます。ムービーを見せるならちゃんとコンテンツとして作ってください。

むしろこのサイトのようにグリグリサクサク動くインターフェイスにFlash使ってもらった方がよっぽど好感度大です。もちろん使いやすいというのが前提ですが。

フラッシャー(露出狂)もさりげなく繊細な思いやりでものを作らなくてはと思う今日このごろです。
  1. 2004/05/08(土) 14:04:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Excellister

img_040507_2.gif

これは便利!
macのみでエクセル必須だけど。ある程度大規模のサイトを管理するときはかなり使えそうです。

ガリガリ作って行く姿も素敵。

ドラッグ&ドロップされたフォルダやパッケージの内容をMicrosoft Excelシートに書き出し、階層リストとパスリストを自動作成します。
次のような機能があります。

■ハイパーリンク作成
リスト上の項目名をクリックすると項目を直接開くことができます
■アウトライン作成
Finderのリスト表示のように各フォルダを自由に展開・折りたたみできます
■項目数集計
フォルダ毎に直下の項目数と内包項目数が計算されます
■ラベル塗り分け
各項目がFinderのラベル色で塗り分けられます
■バッチ処理
複数のフォルダやディスクのリストをまとめて作成できます
  1. 2004/05/07(金) 19:25:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CARL DE KEYZER

img_040507.gif

ナビゲーションが心地よいサイトです。
写真が素晴らしいのは見ての通りですが、タイポも美しい。サイトの構成が即座に理解できるため、不慣れな英語でもストレスが溜まらないのはうれしい限り。

サムネールの段階でクオリティを物語れるのは、レイアウトの賜物でしょうか。

最近の案件でUIの仕事が入り、現在お悩み中。
「わかりやすさ」と「斬新さ」なかなか両立は難しいっす。

PSXのインターフェイスを参考にすれど、うーん。完成度の高さに閉口。よくできてますよやっぱ。十時キーだけであそこまでサクサク操作できるのはいいです。心地よい。(マシンスペックの関係もあるだろうけど)

会社帰りになにかヒントになるものを町中からザッピング。
1.自動販売機
2.信号機
3.ファミコン(頭の中)
4.障子
5.サイコロ(頭の中)
6.鉛筆(転がす)

...うん、そんなことよりナビゲーションの軸を考えよう。
1次元、2次元、3次元。
一覧性と表現をうまくバランスとれるのはやっぱ2次元なのかな...

今晩も寝れなくなりそうです。
  1. 2004/05/07(金) 02:26:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SOKOSOKO.blg OPEN!

img_040505.gif

できました。SOKOSOKOのブログ。
今後ともよろしくです。

なにはともあれ、完成おめでとう、自分。

デザインも途中から白紙にもどしたり、MTのテンプレと格闘したり、各ブラウザの表示をチェックしたり(といっても、主要ブラウザのみだけど)、GWつぶしてみたり、最終アップでサーバが止まったり...

どのくらいの規模になるかはわかりませんが、ソコソコに続けていけたらいいな、と思っております。
  1. 2004/05/05(水) 18:20:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。